鹿島港魚釣園 釣り場案内人サトシ!

関東最東端の海釣り公園はファミリーも、ベテランも大満足。

鹿島港魚釣園 全景

鹿島港魚釣園 サトシ01東関道で都心から1時間チョイ走ればここ、サッカーと臨海工業地帯と一面水田のここ鹿島だ。なんたって鹿島は交通の便がいいし、道がすいているので釣行が疲れなくていいんだよね。今日はそんな中でもファミリーにおすすめなここ、鹿島魚釣園の紹介だ。

鹿島港魚釣園 先端       鹿島港魚釣園 ポイント

 

ご覧のように堤防には柵が設置されているから、小さい子供がいても安心だね。釣り竿掛けにもなって便利。さすが釣り専用堤防だけのことはあるね。実際、釣り客のファミリー率は非常に高い。

鹿島港魚釣園 管理棟鹿島港魚釣園 入場券

入場料は大人200円、中学生までははんと100円。ご覧の管理棟で購入。都心の釣り公園の3分の1くらいだね。安いじゃないですかー。ちなみにこの管理棟内で釣り餌やしかけも販売されているぜ。


鹿島港魚釣園 ゴミ箱

鹿島港魚釣園 サトシ02ゴミ箱もこんなに設置されていてまさに至れりつくせりだ。

 

 

 

 

水中チェック!

さっそく、機動水中カメラ「ハオコゼ5号くん」の潜水開始だ。ああしかし、ここ鹿島魚釣園はキッズが多いな「おじさんそれ何してるの?」と質問責めになってきた。照れるぜベイビー。

鹿島港魚釣園 水中写真01 シマダイ鹿島港魚釣園 水中写真02 シマダイ

ウホッ! こりゃ深い! 鹿島港は水深があることで有名なんだけど軽く12~3メートルはある。久々に「ハオコゼ5号くん」のコードがすべて出きってしまった。シマダイが壁面を行ったり来たりしているな。

鹿島港魚釣園 水中写真03 ウミタナゴ鹿島港魚釣園 水中写真04 タカノハダイ

ウミタナゴ、タカノハダイ(通称タカッパ。鹿島にはこいつが多い)、カワハギ、メバルといったところか。けっこう多彩ですな。

鹿島港魚釣園 水中写真05 カワハギ鹿島港魚釣園 水中写真06 メバル

釣り魚チェック!

サバだ。夕方になるととにかくサバが鬼のようにやってくる。キッズたちは大喜びだ。水面がサバで埋め尽くされる様子は、きっと彼らのトラウマになることだろう。パパとしては面目躍如といったところだろう。

鹿島港魚釣園 釣果01 サバ鹿島港魚釣園 釣果02 サバ

駐車場チェック

鹿島港魚釣園 駐車場釣魚園入り口前に広がる広大な無料駐車場。それでも満車になるからすごいが、その周囲にも空き地が多くあるので、まず駐車スペースに困ることはないね。

 

 

 

トイレチェック! ★★★☆

鹿島港魚釣園 トイレ管理人常駐の釣魚釣園ということで、手入れは完璧。ママも安心といったところだろう。まあそれに、ここ以外にはトイレは皆無の工業地帯なので、貴重なオアシスだね。

 

 

 

ひとこと! 鹿島港魚釣園

鹿島港魚釣園 サトシ 復興を喜ぶここ鹿島魚釣園は震災復旧のためしばし休園していたのだけど、2015年から晴れて復旧再開したんだよね。2016年には鹿島港魚釣園のホームページや、園内での釣り餌やしかけなどの販売も再開。併せて周辺の道路や、橋なども修理・架け替えが進んでいた。釣魚園の向かいにある24時間営業の加倉井漁具店鹿島店もご覧のように健在だ。うれしいねえ! 茨城人の心意気ここにありって感じだ。大きな堤防からでっかい太平洋を相手にする。ワイルドな男に還れる場所だよ。「そういえば昔、一度だけ行ったけど、今どうなってんのかな?」なんて貴兄はぜひ再訪してみてはどうだろう?

鹿島港魚釣園 海の状況加倉井漁具店鹿島店

 

MAP

釣り場案内人サトシ! トップへ戻る

カテゴリー: 千葉・茨城エリア パーマリンク