八幡野上磯・かんのんが根
トイレチェック!
駐車場チェック!
思わず合掌! デカメジナはここにいる! 
★★★★★

都心から早くて4時間、車が渋滞して下手したら6時間という気の遠くなる旅程の先にあるのがここ八幡野。通称「磯釣り道場」と呼ばれるこの磯でも一番人気があるのがこの「かんのんが根」ね。なぜかんのんなのかしらね。

いたいた! こんな海底の、それもくぼんだ穴にかくれるようにして…ここで水深約8メートル。これは水深をかなりうまく海底に合わせていかないとなかなか釣れなさそうねー。水深をアワセるのが重要と見たわ。
ニザダイとたわむれつつ、さらに深度を下げていく「カマス3号くん」、そろそろ海底だけど、例のメジナはいないのかしらメジナは。
続いて沖に向かって右側を責めてみましたわよ。こちらは深くなっていて、8〜10メートルといったところね。うろつくやつらもちょっと大型化してニザダイ、アイゴ、ハコフグの磯魚な連中ね。
えさくれー
えさくれー
えさくれー
えさくれー
さっそく機動水中カメラ「カマス3号くん」を潜水させてみたわよ。まずは沖に向かって左側。左のほうは浅い感じね。とはいえ5〜6メートルはあるんじゃないかしら? おいでなすった連中も、ウミタナゴにキタマクラと、ライトな感覚ね。
かんのんが根は付け根あたりは高い断崖絶壁だけど、先端にいくほど低くなっていて、最先端では2〜3メートルの、ほどよい高さの釣り場になっているようね。なんてきれいな海でしょう。さすが都心からここまで離れると、海水の汚れは皆無ねー。
駐車場から5〜6分でこの「かんのんが根」の標柱に到着。ここからが大変よ。ごらんのようなけもの道をバキバキやりながら進むってわけよ。
水中チェック!

かんのんが根まで一直線で行けるいがいが根駐車場。
40台収容でなんと無料! 太っ腹ねー。

出た!星5つ満点! 洋式トイレは2畳。さすが別荘地だけあっておハイソなものね。
OK!

とにかく遠ーいっ! 夜中の2時3時に起きて向かって、着いたら6時半。狩猟本能だけがこんなお疲れ様な行動に人をかりたてるのね。ああそんな私ももう5回も通ってしまったわ。なんといっても魚がビッグ! 釣り場のキャパは無限大。水の透明度は最高レベル。こりゃやみつきになるわね。

ただ、ここは本当に荒磯なのでファミリーフィッシングには不向きね。戦う釣り師の釣り道場ってとこじゃないかしら?

ひとこと! かんのんが根 

釣り場案内人サトシ トップへ戻る