八幡野上磯・田中磯
水中チェック!
「専用ブース」に寄りかかり、VIP気分でメジナ釣り!

関東の磯釣りの聖地とも言われる中伊豆の八幡野。シリーズ、久々の更新だわよ。

「田中磯」。なぜ田中なのやら? 鈴木磯や佐藤磯なんかもあるのかしら。それはともかくとにかく八幡野の磯たちは山昇りがごときトレッキングがハードだわね。ヒーヒー言ってますわよ毎回。

田中磯がワイルドなのは行き道だけ。なんと先端部はフラットなステージ状の広い段があって、ここで壁にもたれながら、VIP気分で釣り糸を垂らすことができるって寸法なのよ。

のんびりひなたぼっこしながら、ああ極楽だねぇ〜。

山道から海岸に出ると今度は険しい岩肌との格闘よ。どこまでもワイルドな田中磯よ。

トイレチェック!
★★★★★
駐車場チェック!

無料の「いがいが根駐車場」がベースキャンプ。

40台収容でなんと無料! 太っ腹ねー。

ご丁寧に「田中磯」と書かれたネームプレートがあるので、まず迷わず到着できるわね、

ごらんの山道を、駐車場から延々15分。いいダイエットになるわ。トレッキングシューズなど、山歩きの装備必携ね。

さて、ほっこりしたところで機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の潜水開始。海底は大きな岩がゴロゴロしているわね。この海底付近をウミタナゴ、メジナ、そしてああ、大量のキタマクラ・・・。

出た!星5つ満点! 洋式トイレは2畳。さすが別荘地だけあっておハイソなものね。
OK!

ひとこと! 田中磯 

釣り座に入るまではかなりシンドイけれど、入ってしまえばまるで自宅のリビングのようなコンフォータブルでラグジュアリーな居心地の田中磯。なかなか快適だわね。

ところで八幡野上磯というのは、一番北の「カンノンガ根」から南へ行けばいくほど水深が浅くなっていくようね。
カンノンガ根やイガイガ根ではよくいるニザダイ、イシダイなどはこちらにはあまりおらず、ウミタナゴやメジナが多い傾向があるように感じたわ。型も若干小ぶりになるようね。もちろん、遠投すればその限りではないんでしょうけどね。

駐車場からかなり離れることもあり、あまり人も入らないこともあって、まあ、まったり度ではこのあたりではナンバーワン、といえるんじゃないかしら?

釣り場案内人サトシ トップへ戻る