富浦港

南房総は館山のチョイ上にあるここ、富浦には2つのナイスな漁港があって、北側にあるのがこの富浦港だ。ほえー、いいとこだね。

断崖絶壁の真ん前に停められるね。こちら側からも釣りできるようだね。

付属の「島」がおいしい! 堤防&磯のデュアルショック!
駐車場チェック!
トイレチェック!
★★☆☆☆

磯釣りと堤防釣りが一度にできて、しかもここ、沖の島への渡し舟も出ているらしい。お手軽便利な釣りステーションといったところかな。あ、そうそう、その渡し舟客用と思われる「かわな釣具店」が漁港入口にある。釣り場から歩いてオキアミを追加で手に入れられるというのも、お手軽度が高いね。

内房のおだやかな波がのどかな釣りホリデーを約束してくれそうだぜ。

逢島まわりはあまり水深はないけど、ミゾが多く起伏があって、海藻も多いから地付きの魚がいつでもいるね。

富浦港の特徴は、堤防の左にちょこんとくっついているこの磯。逢島といってもともとは島だったんだね。堤防で島釣り。ちょっと儲けものだねここ。

ひとこと! 富浦港 

バブル期につくられたような、デザイナーズなガラスブロックのトイレは一見、廃墟寸前のようだがしかし意外に中はしっかりしていて安心した。和式だけどね。まだまだOK!

大きくもなく、小さくもなく、レギュラーサイズのいい港だよね。左の堤防がメインの釣り場になりそうだけど、中程は禁漁区。先端で勝負だね。沖側はテトラポッドが入っているのでやや釣りに悔いけど、地付きの魚がけっこういるね。

水中チェック!

この日は堤防まわりは不調だったため逢島にて水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の調査開始だ。おおいるいる。毎度どうものウミタナゴの大群だ。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る