鵜原 勝場港
護岸はイマイチっぽいので、久しぶりに伝家の宝刀「バックドロップスルー」で対岸の崖をねらったところ大当たり! メタボなメジナが強いヒキを味あわせてくれた。
機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の射程である、手前の護岸付近にはあまり魚はいないようだね。おっとこいつは熱帯性のツノダシだね。温暖化の影響か、最近は房総にも熱帯魚が多いね。あとは伊豆でおなじみのキタマクラか。うむむのむ。
ひとこと! 鵜原(勝場)港 
アーウトッ!!
トイレチェック!
トイレなし
港のチョイ手前に無料駐車場あり。8台程度停められるようだね。
釣り魚チェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

この深緑の海が釣りロマンを誘うじゃないの!

ひっそりと、ひっっっそりと佇む秘境の港。そんな表現がぴったりの鵜原は勝場港に行ってきましたぜ。すごいムードだねここは。何となく、向こうから赤い飛行艇に乗った豚が来そうな、そんな隠れ家のような港。正面にそびえる断崖は圧巻だけど、その下には獲物がわんさといそうで心躍るね。

じゃ、さっそく・・・。

ここ勝場港はちょっと変わった漁港だね。先端の堤防部分が異常に高くて、とてもよじ登れない。地元の釣り人は5メートルくらいの梯子を持参して、この堤防にかけて登っているようだが、もうほとんどとび職のようだ。

この勝場港、ごらんのような手彫り風トンネルですぐ隣の「長入(なげり)港」とつながっている。人がいっぱい(ということはまずないが)なときは、となりの港に遠征、というのも手だね。長入港のほうは先端の堤防が低いので、沖向きでの釣りが容易だ。

水中チェック!
秘境ムード満点! 
渓谷の入り江でメジナ釣り。
駐車場チェック!