千葉港
釣り魚チェック!

クミ:ちょっと! ここのイワシ、獰猛じゃない!? ものすごい勢いでオキアミをむさぼっているわ。
トヨカズ:まるでアメリカのアニメのような冗談顔だね。なにもそんなに大口開けなくても、という感じだね。
クミ:ようやく普通のコメントをしたわね。

トヨカズ:ボクの心の・・・
クミ:もういいわよ。ここはつい最近まで砂砂利置き場だったところのようだけど、最近空き地になっているようで、まあ非公式ではあるけれど、釣りが黙認されているって感じかしらね?
岸壁への出入り口のほとんどには立ち入り禁止のロープが張られているけど、「スルッ」と一か所だけ開いている、というところがイキなところね。
トヨカズ:まるでボクの心のようだね
クミ:あなたは全部の出入り口が空きまくりじゃないの。ああそして水面はイワシの大群が泳ぎ回っているわね。

トヨカズ:まあ、砂利置き場だからね。
クミ:あいたたたた女子は困るわね。

こんな楽園が、
  こんなところにあったのか!?
トイレチェック!
トイレなし
駐車場チェック!

トヨカズ:まるで飛行場のようなこの広さ! すごいねー。
クミ:まるで車が豆みたいね。こんな無料駐車スペース、まさか内房にあるとは思わなかったわ。

トヨカズ:すごくいいものをもっているのに、まだ世の中に認知されていない逸材ってあるよね。
クミ:それがこの千葉港というわけね?
トヨカズ:いや、それはボクのことさ
クミ:・・・・。

トヨカズ:うわーお! 入れ食いだ! 
クミ:竿を入れた途端に釣れるのね。よほどお腹が空いているのね。

トヨカズ:この懐の深さを見てよ! 無限に広がるようなそのキャパシティー。
クミ:駐車スペースのことね! たしかに内房でこんな広い釣り場、めったに無いわね。
トヨカズ:いや、ボクの心のことだよ。
クミ:・・・・。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

トヨカズ:赤錆びた工業地帯の隙間の、赤黒い海に夕日が落ちる。毎日、沈む夕日を見ていた。いつかボクの番がやってくるその日まで・・・夜明けの風はもう来ない・・・。
クミ:何言ってるのかよくわからないけれど、内房は海に夕日が沈んでいくからロマンチックね。トイレは無いけど。
トヨカズ:こんな湾奥の工業地帯でイワシ釣りっていうのも新鮮な感じだね。この意外性がまた、ボクに似ているということで親近感が沸いた千葉港だったね
クミ:・・・・。

イワシさん、そんなに口開けてアゴ外れないの!?
ひとこと! 千葉港 
水中チェック!