那珂湊港

来た来た来た来た! さあどこでも停めて釣ってくださいや、という感じだね。

ひとこと! 那珂湊港 

大きな那珂川が淡水を注ぎ込むこの港は、汽水を好むクロダイの宝庫としてなかなか有名なんだけど、残念ながら那珂川側の護岸、駐車場、トイレはまだ震災復旧工事の真っただ中だった。明けの明星を見ながらクロダイをねらう、そんな那珂湊港が1日も早く戻ってくることを願う今日この頃だね。

駐車場チェック!
修復完了
トイレチェック!
水中チェック!

内湾の水深は浅い。テトラポッド周りを攻める手だね。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

ウミタナゴがみんなえらく巨大である。巨大なばかりでなく、ちょうど出産期(卵胎生のウミタナゴは体内で卵から稚魚まで育てる)なので上がるやつあがるやつみんな子持ちだ。これは海にお帰りいただき、徳を積むこととしよう。

那珂湊港tぽいえばこのへんじゃ観光港として知られてるんだよね。「海産物の原宿」とも言えそうな、お土産屋やら食事処やら、派手な色彩の店が軒を連ねる一角があるので、ファミリー向きなんだけどね。

でも広い港の先端まで来れば、そこは車停め放題の、広大な釣りワールドが待っているって寸法なんだな。

救命胴衣の大切さを語る、海上保安庁の「うみまる君」とツーショットをキメてみたぞ小メジナくん。
釣り魚チェック!

外堤防の先端は潮の流れもよく、魚がたくさん溜まっていたよ、ウミタナゴと小メジナだけどね。

ドーーーーンと広いぜ観光名所!

港内は浅めの砂地だ。砂色の世界をウミタナゴ、メジナ、フグといったベーシックな仲間たちが泳いでいるぜ。

震災被害から蘇る! 港内に2箇所ある公衆トイレが復活。復興を応援するぜ。がんばっぺ茨城。