相浜港

シマダイゲーット!

右堤防のすぐ脇に、ごらんのオシャレなトイレあり。新しくてきれいな様式トイレがサービスエリア並みなので女性でも大丈夫そうだね。

おさかなマークがプリチー。
トイレチェック!
★★★★☆
ここは遊漁船の基地ということで、釣り客用にご覧の広大な無料駐車スペースがある。車が豆粒のようだぜ! 

現地に着き、機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」をセッティングしていると、どこからともなく陽気なママさんがやってきた。相浜港の釣り船の女将さんだというんでいろいろ話を聞いてみたが・・・。

磯釣りモノには遠く及ばないがそれでも王者イシダイの子。そのヒキは強烈なものがあった!

水中チェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

右堤防脇には有料駐車場もある。こちらは近くの食堂やお土産屋さん、また右手にある海水浴客用かな。誰もおらず。
出た! シマダイ。小型から中型サイズまで、けっこうな数が上からも確認できるな。
釣り魚チェック!

おすすめポイントは右側堤防の先端。ここにはイイ感じに潮流がぶつかり、いろいろな魚が集まっているのだ。おお、まずはお約束のボラ、アイゴ、クロサギの面々がお出迎えだ。

ひとこと! 相浜港 

ズバリ! 穴場だよここは。まあこんなシマシマな服を着て来た甲斐があったということか。それはともかくとにかく空いている。幹線道路の410号線から離れていること、近くに有名な乙浜港があることなどから、ここは地元の釣り人くらいしか来ないようだ。

このへんはメジナばっかだが、なぜかこの港にはシマダイが多いのが特徴。周囲にいい磯場が多いからね。その影響かもしれない。ドデカイイシダイもいいけど、なかなか手ごわいから、ファミリーで釣りするならここらはおすすめだよ。ジャーンプ!!

駐車場チェック!
シマダイ釣りの穴場発見!
ムシャムシャとオキアミをほおばるカワハギの横を、やや大きめのシマダイが泳ぎ去る。こいつは口が黒くなりつつあるな。

イワシはいないがメジナはなんぼでも釣れる。ここいらは釣り人も少ないのだろうか、簡単に針にかかってくるね。

そうこうするうちにメジナの群れがやってきた。MAX20センチといったところかな。堤防釣りにしてはまあまあなサイズだ。

まずは水深を測ろうと一気に海底へドン! きれいな砂地だねえ、水深は意外に深くて4メートルってところか。エイが砂を巻き上げながら砂にもぐっていくぜ。カワハギにキュウセンなど、ここもやはりいつものオールスターズだ。

ここは房総半島の最南端・相浜。どうもここ相浜港はシマダイがウジャウジャいるっていうんでちょっとシマシマな服で縁起をかつぎながら来てみましたぜ。

女将:「残念だったわね。イワシは今年は終わったわよ。8月までね。夏には岸壁にアタマをぶつけて浮いてしまうイワシまでいて盛況だったんだよ」。・・・あいたたた、もう1匹もいませんがな。まあいいや。今回はあくまでシマダイだからね。それにしても空いてるなこの港。連休だというのに、内湾の護岸にはひとりもいやしない。