布良港
ひとこと! 布良港 

どこにいってもマイペースだなキュウセン。きみを見ていると何やら安心するよ。

いろいろな魚種がいる布良港に胸ふくらみ、久々に必殺技「バックドロップスルー」を繰り出したところm、なんとイイ型のメジナゲット! 
日ごろの行いが報われた瞬間だね。冗談だけど。

いやいやいやいやこの広さ! 何やら恐縮してしまうくらい広いよ。どこでも車横付けOKだね。 

あとはこの常夜灯。最近は実際には点灯しないものも多いので、ここはやってくれてるかな? と夜、もう一度来てみたが、おお! 照らしてる照らしてる!! こりゃおいしそうだね!!

夕方近くになると、地元の釣り人らしき人々がぱらぱらとやってきた。よかった、釣り禁止の港じゃあないようだ。

千葉ならではの広い護岸に、夜は明々と海面を垂らす常夜灯というゴージャスさなのだが、連休でもこの人のいなさ具合。やはり穴場である。というかオイラしかいないぜここ。

南国南房を絵に描いたような、珍しい魚がパレードしながらやってくるような、そんなとこだぜ布良港。熱帯系の魚も多いね。ここはまだ夕方の釣りをやってないけど、けっこう回遊系のヒカリモノが入ってきそうなステキな予感がするところだね。常夜灯もあるし、ちょっと通ってみようかな。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

港唯一のウィークポイントとしてはトイレが港内に無いことですかな。隣接する相浜港に4つ星のプリチートイレがあるから、ちょっとそこまで移動ですな。




あとは、隣の海水浴場に待避壕型トイレがいっこ。ここはなかなかハードボイルドだね。

釣り魚チェック!
水中チェック!
まったり休日。何が出るのかお楽しみ。

さて、さっそく機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」で海底探査開始! いきなりボッテリしたハコフグに、カゴカキダイたちがお出迎えだ!

「めらこう」である。知る人ぞ知る。知らない人は全く知らないという布良港である。けっこう大きな港なんだけど、釣り雑誌でここが採りあげられたのを見たことが無い。穴場だね。

トイレなし
駐車場チェック!
トイレチェック!

おっと! これはギンガメアジだね。早く大きくなるんだよ。

ナゾのマリモ状の物体。なんだこれは!?

ツノダシにチョウチョウウオ、いかにも南房らしいカラフル魚だね。そしてなんと、オキナヒメジまでうろついてるぞ。なんて魚種が豊富なのやら!