上総湊港

港内は泥混じりの砂地。適度な濁りがあり、イイ感じだね。

いやーいいとこだよ! 上総湊港。日本にまだこんなとこが残ってたんだ、と感心してしまうような、のどかで懐かしいところだね。

海水浴客用のトイレは現代建築風のオシャレな外観だが、砂でジャリッとした和式トイレが玉にキズ。まあ、いいんじゃなーい?

千葉ならではのひろびろとした土地柄。車なんてタダで停め放題。車横付けで釣り放題だ。
何も気を遣わなくていい人生を感じるひとときさ。

海底にあれだけウヨウヨとハゼがいるんだから、こりゃハゼ入れ食いかな? と思ってハゼ仕掛けを投入したものの、まったく反応がない。あれれ? ちゃんとウキ下は合わせたんだが・・・そうこうしているうちに、コトヒキがかかってきた。

トイレチェック!
★★☆☆☆
駐車場チェック!
釣り魚チェック!

湊川が海に流れ込む横っちょにある上総湊港の護岸からは、1時間に1本しか来ない内房線が時の経過を教えてくれる。旅情を感じるね。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

小川、鉄道橋、ハゼ。童謡に出てきそうな、日本の原風景に遊ぶ。

不思議な体験をした。
ハゼが水面にやってきて、おいらを見て、しばらくしてまた海底に戻って行った。

彼は笑っていたようなそんな顔に見えた。

いつもありがとうよ、愛すべき魚たちよ。

隣接する海水浴場にも、百台単位で停められる駐車場ありだ。天国ですな。

いきなりドアップのハゼ。アニメちっくなカエル顔はまるでおいらに話しかけているようだな。けっこうな数が這いまわっていたぜ。

ひとこと! 上総湊港 

こぢんまりとしたのどかな漁港。ひとことで言うとそんなところだけど、ここは雰囲気がいいね。昭和レトロというか、妙になつかしくて、なじむんですわ。ハゼもかなりたくさんいるようだし(釣れなかったが)。のんびり竿を垂れて浮世を忘れたいときにはお勧めだね。

護岸が老朽化しているため、堤防先端は立ち入り禁止箇所がある。港に入る角付近が唯一、川のほうに竿を出せるスペースかな。対岸の堤防は足元から先、2メートルほど浅くなっている。ハゼが乗りそうだな。

水中チェック!