白間津港

30センチくらいの中型のサバがけっこうチャージしてきたぜ! こりゃ意外だ。そしてでかいボラに、ウミタナゴ。

いやあここ、よく釣れるね! 思わずエキサイトして、橋下突堤上で「バックドロップスルー」を連発だ!!

やはりというか、海底は完全な地磯だね。のんきな表情のカワハギ、ベラ、タカノハダイ、そして大きなボラがいったりきたりだ。なかなか魚種は豊富なようだね。

港奥の係船場は足場がいいものの魚影としてはいまいち。やはり港入口付近の船道周辺に魚が集中しているようだ。お! 今回はじめて「釣り場案内」的なことを書いたぞ。それだけこの漁港はいろいろな意味で面白いってことだな。

真新しい公園のすぐ横にある白間津港。ラグジュアリー感満点だ。

こちらは奥の係船場。人口構造物でありとなりには普通に住宅街。この唐突感がジオラマめいていて、大人のホビー心をくすぐる。

港内は完全な人口構造物ではなく、こんな地磯部分が残されている。こんなところがまた、「秘密基地」っぽいね。海底は完全な磯場だ。

オイラもいろいろな釣り場を転戦しているが、ここ白間津港ほど「カッコイイ」漁港を見たことはないね。カッコイイというのは魚影が濃いとかいうんじゃなくて、なんというか、昔の「なんとかレンジャー」とかいう系統の戦隊モノのような、秘密基地っぽさという意味だな。静かな漁村に突然近代的な橋。その下にはまるで滑走路のような突堤。ああ、そして奥には宇宙戦艦のドッグのような係船場。悪の組織の秘密基地として、ロケに使えそうなそんな白間津港だ。

南房地区はまだまだのどかで自然豊かだよね。しかしそんな中でこの白間津港、かなりお金かかってるね。真新しい橋に公園、駐車場。こんなにイイ設備の釣り場はそう無いよ。周囲とのギャップがすごい。

釣り物も、夏場は漁港入口を中心にまとまった数のサバが回遊してきていたし、地付きの魚もスレていないのか、比較的よく食ってくるね。あと、南房のボラはオキアミに食ってくるね。かなりの大型までかかる。

なんといっても南房の自然を満喫しながらの釣りはいいね。こんな夕焼け、都内じゃなかなか見れないね。

トイレチェック!
★★★☆☆
駐車場チェック!

港に隣接する公園はできたばかりのようで驚くほど綺麗だね。なんと駐車スペースは芝生だ!

無料なうえにごらんのようにほとんど車も少ないので、ここは天国のようですわ。

お! サバ来たよ!
釣り魚チェック!

いよいよ機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の潜水開始だ!

水中チェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

ひとこと! 白間津港 
まるで地球防衛軍の秘密基地! 
ゲートを超えてくるヤツらを釣り上げろ!

新しい公園のようで、トイレもなかなか近代的。この秘密基地から離陸する、空飛ぶ円盤のようだ。ぜひこのトイレをデザインしたデザイナーに会って、そのコンセプトを聞いてみたいものだ。