浜金谷港
最も近い南房の港は
        千葉の釣りの入門編!
横浜横須賀あたりから千葉に入るとなると、やっぱり便利なのは東京湾フェリー。千葉の海の玄関口(笑)である浜金谷港はしかし、なかなかイカした釣り場でもあるのだ。

イワシもいいけど、底のほうになんか大きな魚でもいないかな、とウキ下を海底付近まで伸ばしてしばし釣ってみたが、やたら大きいオハグロベラが一匹かかったのみ。久里浜港から戻ってきた「しらはま丸」がせせら笑っているようだぜ。あいたたたた。

★★★★☆
トイレチェック!
らさすがは「海の玄関」浜金谷港のトイレは空港並み、とはいかないが、かなりおハイソな女子でも文句は出ないだろうグレードのトイレがうれしい。

フェリーターミナル兼レストラン兼お土産物屋さんの駐車場が広くて助かるね。2時間まで無料と書いてあるね。

あみこませをちょっと撒いてみれば、集まる集まる。小メジナも集まりだした。

てなわけで「トウフ」まで進撃して機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の潜水開始だ。とにかくイワシ、イワシ、イワシの大群だ! この日はとくに群れが寄っていたのか、水面一面イワシでうめつくされていたね。

トウフ向かって左側はごらんのような浅瀬であまり釣りにならず。基本はフェリーが行きかう右サイドってことになるね。

こちらはフェリー発着場の真横にある護岸。広くて車横づけできて楽ちんだけど、船が入ってくるとおおいにかき回される。

東京湾もここ金谷あたりまで来ると海の色もごらんのとおり。横須賀からわずか30分ちょいで命の洗濯ができるのはうれしいところだ。

まあここはそんな便利さゆえに、よさげな大物は釣りつくされている感もあり・・・また休日は満員御礼当たり前って感じなので、たまの振替休日かなんかで、平日に休みがとれたらふらりと、イワシと遊ぶライトな釣りとしゃれ込むのがいいんじゃないかな?

ひとこと! 浜金谷港 
釣り魚チェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

駐車場チェック!

釣り場の目の前を出港する「しらはま丸」。シャンデリアがおしゃれな船内はなかなかラグジュアリーな空間だ。

地付きのスズメダイ、ウミタナゴ、いつものオールスターズだね。

こちらが浜金谷港の特等席、通称「トウフ」。たしかに豆腐のような形だね。

水中チェック!