高崎漁港

「クロダイとアジが出る!」という、そんな噂を聞きつけてやってきたぞ高崎港。

北は勝山港、南は富浦港に挟まれイマイチマイナーなここ高崎港だがあなどれない。本当にクロダイなんかいるのか? 興味津々の旅が始まる。

イリュージョンなトイレは、あたりが暗くなると意外にも煌々と明かりを放つ。満天の星座と、このトイレ以外は漆黒の世界だ。何も足さない、何も引かない。日本の原風景がここにある。

マイナーな港だけに港内にまでクロダイが入っているようだね。夕方にはイワシやサバ、そしてアジの回遊もあった。

内房には珍しい魚種がいて、魚影も濃い。こういうのを穴場というんだろう、うん。

気がついたらついついやりすごしてしまうよな、そんな地味な入口だが一度港内に入るとなかなか広い。岩井海水浴場に隣接しているおしゃれなロケーションだ。

隣接する岩井海岸の駐車場にひとつ。そして高崎港にもトイレはある・・・んだけど下の写真のような非常に野性味溢れる男女兼用の非水洗トイレだ!! 少年時代にタイムスリップしたような、そんなイリュージョンなひとときをあなたに。

★★☆☆☆
トイレチェック!
クロダイ出た!! 本当にいた!
水中チェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

釣り魚チェック!

出た出たいきなり出たじゃないかクロダイじゃないかあいたたたたた!

左右の堤防のうち、こちらは右堤防。じつはこちらが本命だ。水深があり(といっても3メートルほど)、潮通しもなかなか。

広いね! 基本は釣り船客要なんだろうけど無料だね、すいているね。なんか悪いみたいだね。うれしいね。全国の釣り場がみんなこうだったらいいね。

一方のこちらは沖側の左堤防だ。一見、こっちのほうが本命に見えるんだけど、港内がわの水深はなんと50センチ。潮干狩り状態でぜんぜんダメだ。海藻も茂りまくっているな・・・。

ひとこと! 高崎漁港 

船道にあたるここ右堤防ではあるがそれでも水深3メートル。浅いなー。

さすがにここまで浅いとクロダイなんか・・・ん?

浅い浅い。そんな港で今日も
          クロダイ、アジが貴方を待つ

てなわけで今回の機動水中カメラ・タカアシガニ4号くん右堤防で潜水開始だ。まずは海底調査から・・・。

ヒイラギは無限に釣れた。夕方からはカタクチイワシとサバも入ってきた釣れまくり! ああ、だがしかし、やはりというか・・・クロダイは釣れずでございますわ。まるでロードショーのトランペットが聞こえてきそうな、最高の夕日で心を洗われたけどね。

海底付近はクロダイとヒイラギがうごめいているぞ兄貴!

海底はほとんど砂地だけど、ときおりこんな岩場もあるんだね。と思ったら小アジとヒイラギの群れがやってきたぞ!

駐車場チェック!