大貫港

てなわけで機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の潜水開始だ。砂浜に隣接しているだけあって完全に海底は砂地。しかも見渡す限り、砂の黄色い世界だ。

内房には珍しいワイルドな海
      広い港に回遊魚が舞う!
内房の海は富津岬を境に、工業地帯から自然の海岸線にガラリとその風景を変えるのがおもしろいよね。さてこの大貫港。そんなガラリと変わる一番手の港だ。レッツゴー!

港もビッグなら駐車スペースもラージだね。左堤防のフェンス前にこんなパラダイスが。もちろんお代はかからず。外房なみの豪快さに感動だ。

水深はなんと驚愕の1.5メートル! にもかかわらず魚の魚種特定化もできないほどの視界の悪さだ。なんだこの魚のしっぽは!?。

釣り魚チェック!

とにかくだだっぴろい上に浅い漁港なので、コマセオキアミを撒いてもそうそう魚は集まってこないね。たまに2〜3匹の群れで回遊してくる小サバがかかるくらいか。ああでもこう砂地だとカレイやキスも狙ってみたくなるスポットではあるね。。

堤防は左堤防がメインだけど、ご覧の右堤防もなかなかそそるものがある。とにかく広いから釣り場にあぶれることはなさそうだね。

小さな漁港や小磯のほうが集魚はしやすいが、たまにはこんなワイルドでスケールのでかい堤防で釣るのも風流ってもんだ。

子供のころ、両親に連れられて海水浴に来たような、そんな懐かしい砂浜を傍らに見ながら竿を振る。

ああ、この風はあのときも、今も変わらないんだなあ(小説風)。

ひとこと! 大貫港 

しかも隣接する小貫海水浴場にも広い駐車スペースが! 

海水浴場の駐車場なのに無料、というのも貴重だね。大貫・・・この気風の夜さ・・・好きになりそうだぜ。

駐車スペースから左堤防に行くにはこのフェンスを通るのだが…常時解放中のようだね

てなわけでファミリーフィッシングなら港内がおススメだ。堤防先端とは正反対にまるで湖のようなしずけさ!。

港内はいたって静かだがこの港、堤防の先端はなかなかワイルド! とくに左堤防の枝堤防は左側が砂浜で浅いせいか、白波が襲ってくるからたまらない。。

なんたってこの港、広い広い! まるで外房、九十九里を思わせるその広大さと、砂浜の海岸が隣接する内房離れした大場所だ。水深が浅いのがやや玉にキズだけどね。しかし魚は意外に多いぞ

トイレチェック!
★☆☆☆☆
駐車場チェック!
おおらかで気前がいい大貫だが、トイレもおおらかだった・・・おつりが来るトイレはペーパーレス。大貫中央海水浴場駐車場横に急げ!

こいつも特定化できないまるでUMA。わりと大型で、単独で泳いでいるのであるいはこれは・・・なんともいえませんな(笑)

しかもなんとゴミ袋まで! 千葉の人々のおもてなしの心を感じて胸が熱くなるね。ゴミは持って帰ろうっと。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

水中チェック!