鬼崎漁港 榎戸地区
空港真横の巨大漁港。
   ドン深堤防で釣りせんとレア!
そ、そそそ、そういうわけでさっそく機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の潜水開始なんやな。海底はなかなか起伏があって、魚の棲みかにはちょうどいい感じやね。
セントレア空港の真横、ということで目の前を旅客機がひっきりなしに離着陸しているのを眼前に眺めながらの悠遊とした釣りタイム・・・。存在価値としては昆虫レベルを自称する自分でも、感じ入るものがあるんやな。日が暮れると常夜灯が点灯して、ポイントによっては集魚灯代わりにおもしろい夜釣りもできそうやね。
港内にはトイレ2つ。おすすめは港入口に近い写真上のほう。バブルを彷彿させる、なかなかアーチスティックゥーな建物やね。下のほうは駐車場の真横にあるのでお手軽やけども、ややワイルドで女子にはきついかもしれん、ということやね。
漁港中央にはわかりやすい、広〜い無料駐車場があるんやな。南洋の裸子植物まであって、なかなかリゾートな気分にさせてくれるわ。ここが漁港の中ということを忘れてしまうようやね。
一番数が多いのはセイゴくんやね。綺麗でしょ、ギラギラと、いい魚でしょ、と語りかけてきているようやね。まあ、魚が語りかけてくるわけはないんやけどね。せ、声帯がない…。
トイレチェック!
★★★☆☆
駐車場チェック!
水中チェック!
イチオシはやっぱ、港のど真ん中にある堤防やろうね。風が南向きでも、北向きのときでも左右どっちかに竿を出せばええので、はずれがない。先端までいけるので遠投もできるというわけなんやね。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

名古市街から知多半島道路経由のセントレアラインで3〜40分。青い海がステキなここ、榎戸の漁港に到着、なんやな。
わりと浅めの磯場が多いここ知多半島西岸にあって、ここはとにかく深い! ああそして、魚影もなかなかのもんやね。とにかく広い港なんで、釣り場に困ることはないけども、ポイントを決めるのになかなか、目移りしてしまうんやな。うれしいナヤミやね。
セイゴにフッコ、メバルに、ギマがおるね。コマセを撒くと徐々に魚が集まり出したわ。
ひとこと! 鬼崎漁港 榎戸地区
堤防で外海をねらうのもええけども、2つある港内で車横付けでまったりやるのもなかなかオツなもんやね。とくに北堤防は空港の滑走路並に長ーいんで、釣り場にあぶれることはない、ということなんやないかな、と思ったりするんやな。まあそれにしてもここは夕日がきれいやね。西岸は海に沈む夕日が見られるのがええんやな。