水中チェック!
釣り魚チェック!
勝浦港
勝浦港18
勝浦港01

アジが多いねここは。釣り雑誌では夕方から夜にならないと釣れないようなことが書かれているが、ここ勝浦では真昼間からバンバン釣れてまっせ旦那。

勝浦港22 トイレ

久々に出ました!! 星5つです! 新築ホヤホヤだねこのトイレは! ゴミひとつ落ちてない清潔さと、紙は予備ロールまできちんと整理されて置いてある。洗面はごらんの自動水栓。ホテルを思わせる完璧さですわ。ご婦人でもまったく問題なしだね。OK!

勝浦港21 トイレ
勝浦港20 トイレ
★★★★★
勝浦港19 アジ

秋口にはイワシの群れの下から、徐々にアジの群れも顔を出してくる。一度集まりだすと銀座目抜き通り状態になってくる。さすが勝浦。

勝浦港17 アジ
勝浦港16 アジ
勝浦港07
勝浦港06
勝浦港04
勝浦港03
勝浦港02
勝浦港05

房総半島にその名も知れた勝浦港。ごらんのように港内に水平線が見えるほどの巨大漁港である。水深も十分。回遊魚も豊富に入る勝浦港は釣り人なら一度は竿を振ってみたいポイントだね。

残念ながら港内に駐車できるスペースはなし。周辺に路駐している釣り人も多いようだがあまり感心はできず。近くの有料駐車場を探すしかあるまいか。。。

駐車場チェック!
子どもの手のひらサイズのカワハギも、百匹単位で集団遊泳しているようだ。

釣り禁止区域のオンパレードとはいえさすがは勝浦。機動水中カメラ「ボラ2号くん」の横をアジ・イワシ・メジナ・カゴカキダイの混成部隊がドトウのごとく
行ったり来たりだわい。

そうは言ってももともとが巨大港。左右のはしっこだけとはいえ、小さな漁港ひとつぶんくらいのキャパがあるのだからあなどれない。

しかし、あまりにも有名だからだろうか、その巨大な港内はいたるところが釣り禁止・立ち入り禁止の立て札がかかげられ、実際に釣りが許されるのは陸地側堤防の両脇に限られる。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

勝浦港10
勝浦港11
勝浦港08
勝浦港09
勝浦港12
勝浦港13
勝浦港14
勝浦港15
トイレチェック!
アジが釣れる! 

港内左手奥は辛うじて釣りが許されている模様。広い港内の、ここだけが釣り人でにぎわい、汲々としながらみなさん釣りにいそしんでいるようだね。

ひとこと! 勝浦港 

山が海岸線まで迫っているせいか平地が少なく、ひしめくように人が暮らすここ勝浦にあって、この巨大な勝浦港はまさにこの町のシンボルだね。

有名なカツオの水揚げ港ということで港はいつもにぎやか。いきおいやたらと釣り禁止場所が多くなるのはいたしかたないところか・・・。

狙い目としては漁協の作業場より海に向かって左側、湾の出口から潮が当たってくるあたりに回遊性の魚、とくにアジが多いようだったぜ。釣り人もやはりここが一番過密で、また15センチくらいのアジやヒイラギなどがポンポンあがっていたな。

沖側の堤防は根元からすべて釣り禁止だ。ううむ・・・。

屋根のある漁協の作業場は釣り禁止。