鹿島港 ポートラジオ
日没前後のアジ襲来は
       本当だった!!
橋で渡る離れ小島はアジにサバ、
      サヨリまで出るサカナ天国!

まあ見てくださいや。まるで水族館ですなここは。北外房は砂浜であまり魚種が豊富でないのだが、ここ鹿島港は別格だね。

広大な鹿島港の入口に、まるで長崎の出島のように「ポッ」と浮いている小島がある。「鹿島港ポートラジオ」。港内を往来するタンカーなどの無線誘導をする基地だというんだが、さすがは「島」だけあって、なんともたくさんの種類が集まっている海域なんだここが。

スケールの大きな港だね。対岸を見れば小山のようなタンカーがいったりきたり。特撮映画のセットのような鹿島港だが、港のサイズに負けず劣らず、魚の種類、数が豊富だね。
魚のサイズとしては比較的小型が多いが、ボラはデカイ。サメのような、1メートル近くあるやつが岸から見える。あれに食われると、竿がたまらんだろうて。

広くてのんびりやれるところだね。とくに夕方のアジ・サバはおもしろいよ。

ただし、ところどころ岸壁が崩れて危険な状態になっているので、くれぐれも事故には気をつけたい。

ここの夕日は絶品だねえ。

茨城は「名人ケンちゃん」から写メールの投稿をいただきました。毎度!

投稿写真ご紹介!

鹿島港ポートラジオに入る唯一の方法はこの橋を渡ること。同時にこの橋の近辺にクロダイはじめたくさんの魚が集っているのである。

足元にクロダイ。カイズクラスだが、周囲ではよく釣れているようだった。

ご覧のように見渡す限りの空き地なので、問題ありますまい。

本当に何もないんだよここ。あいあたたたたた。

トイレチェック!
トイレなし!

「クロダイ狙いでダンゴ釣り(オキアミをコマセでくるんだボールを、コマセ柄杓で投げ込む釣り)」してると、とにかくボラがかかります」ということだね。ボラは普通はつけ餌を食わないがここのボラはよく食ってくるんだそうだ。また秋口にはサンマサイズのサヨリまで回遊してくるという。いまどきこのクラスが内湾で釣れるとは、ちょっと心躍る情報じゃないかこれは。

夕方、アジサバいけまっせ!

ここは夕方にアジが回遊してくることで有名。実際、日没前後からにわかに水面にパシャパシャと波紋が出始め、御覧のようなアジサバが、サビキデ簡単に釣れ盛るんだよホホホイのホイと。

海底付近にはメバル。そしてエイがモソモソと海底を這いまわっているぞ。

ウミタナゴは小型が多いがみんなまるまると太っている。

毎度! カワハギ。

そしてやはりここにも多いぞボラは表層近くをブーラブラ。

こいつはイシダイか!? と思ったらおや珍しい、タカノハダイだな。

魚の種類がね、多いんですわここ!

島の周囲の約半分で釣りが可能。人気スポットだけに休日は場所の確保がなかなか大変だが、地元の釣り人が多いせいか夕方あたりにはだいぶ空いてくる。夕方が勝負だな。

巨大なコンビナートをバックに釣り糸を垂れる。なんともワイルド。高倉健の世界である。思わず「野性の証明」のテーマソングを口ずさむのだった。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

ひとこと! 鹿島港 ポートラジオ 
釣魚チェック!
駐車場チェック!
水中チェック!