大房岬 南けい船場
駐車場チェック!
トイレチェック!
★★☆☆☆
船を係留するから、けい船場。
    イワシもいっぱい、係留されてますな。

南房国定公園・大房岬にある「南けい船場」に行ってみた。

よく釣り雑誌に「ケイセン場」と書かれていて、いったい何のことやらと思っていたら、左のように船を係留する場所ってことなんだな。

さらに、けい船場のすぐ横にはこのような地磯がある。堤防と磯の2つを楽しめて、サンキューベリーマッチ。

「大房岬国定公園」の標識を頼りに現地に来ると、大きな駐車場があり、ここから左の看板に従って海岸に出られる。うっそうとした森の、よく整備された道を下っていくと・・・。

あまりに風光明媚なため国定公園になってしまったくらいなので、その景観は抜群だね。

何かこう、ドス黒くよどんだ人間関係をすべて洗い流してくれるようなこの地で釣り糸を垂れていると、顔も弛緩して、おだやかな菩薩さんのような顔になるようだ。

けい船場は左が浅く、右の端から沖へ流すのがいいようだね。

足元にはイワシがウジャウジャいるが、コマセ(撒きえさ)をまいて釣っていると、徐々に沖から大型が集まってくるようだね。

ニボシ1年分確保! とばかり、
かねてから訓練を重ねた新ワザ

「バッドロップスルー・後方サインはナンバーワントゥーファイブ」を決めたが…

残念ながら新ワザの効果なく、
釣果は小メジナにとどまる。

20pくらいのタマガシラらしきメタボな赤いヤツ。

浅い水深にかかわらず、意外に大型もいるようだね。
。。

釣魚チェック!

さすが国定公園。「サトシ」開設以来もっともエレガントな駐車場に出合った。無料。

圧倒的に多いのがイワシな連中。
カタクチイワシにトウゴロウイワシが海面をうめつくす! ジャバジャバとまるでピラニアのようであった。

海底付近には小メジナ。

ぱっと視界が開けてごらんのような、寿命を延ばしてくれそうな景色に。駐車場から
10分。

駐車場にひとつ、海岸に降りる中ほどにひとつ、こぎれいなトイレを完備。さすが国定公園、合格よ。

ごらんのようにまるで釣り施設かと思うような足場の良さ。全体にやや水深が浅いものの、いわゆる漁港でもないので漁船の行き来に気を遣うこともない。パラダイスですな。

最初はイワシ。だんだん大型魚。
   沖目から全員集合してくる地魚たち。
ひとこと! 大房岬 南けい船場 
水中チェック!
ルートチェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る