大六港

夕方以降に現れる、ゴンズイたちもやはりここではミニマムサイズ。ああ、まるでガリバーにでもなった気分だね。

ミニマムなやつらがいっぱいだ!
プリティな港に、プリティな魚が集う

内房は勝山あたり。夏には海水浴でにぎわう砂浜の片隅に「ちょこん」とあるのがここ大六港だ。

こぢんまりとした漁港だね。砂浜の真ん中にちょこんとある感じがなんともプリティだ。

いやーミニマム。とってモプリティな港だが、それゆえ釣り人もほとんどいないので、子ども釣れでのんびりと、モミジサイズのウミタナゴに初挑戦! という子供さんを連れて行くには最適かもしれないね。気分は縁日の金魚すくいですわ。

すぐ南に龍島港、そのまたすぐ南に勝山港が連なっているので、もののついでに寄ってみるのもいいかもしれないですぜ。

砂浜に「ポン」と堤防があるだけという素朴な大六港にはトイレや自動販売機やらといったものはないが、すぐ南に数百メートルのところにある龍島港には立派なトイレと、釣り具店まであったりするので、こちらを利用するといいだろう。

まあしかし。ミニマムな港に合わせるかのごときミニマムな魚たち。

ウミタナゴを中心にメバル、カワハギ、小アジといった定番の仲間たちがいるんだが、みんなとにかくプリティだ。

大六港での狙い目は先端部から沖向き一帯ののテトラポッドだろう。
砂浜ばかりの変化のない地形だけに、ここが魚のハウスとなっているようだ。

小学校の、25メートルプールなみの小ささだねここは。砂浜にある港だけに、海底はすべて砂。水深も2メートルあるかないかという、じつにかわいい港だ。港内には魚はいない。

水中チェック!
トイレなし!
トイレチェック!

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

ひとこと! 大六港 

プリティな港にもかかわらず、駐車スペースはなかなか余裕がある。路肩の空き地に7〜8台はいける感じ。無料。

駐車場チェック!