釣り魚チェック!
千倉港・平館港

メタリックなやつらがみるみる海上を埋め尽くしていく! おいおいきみたち、今までどこにいたんだい? 本当に夕方までのきみたちとは別人・・・いや別魚って感じだね。ちなみに平館港側にはアジ・イワシはおらずウミタナゴがチラホラ。広い港だけに、場所によってかなり条件が違うようだね。

アジとイワシが、ピラニア状態!
水中チェック!

いやいやいやいやすごい入れ食い! しまいにはコマセもなしにサビキのハリをたらせばかかってくる! 肉厚マイワシだ!

北側の千倉港と、南側の平館港が一体となっている房総半島最大級の港湾施設がここ千倉・平館港だ。いやー広い! 湖みたいですぜ旦那! さすがにこれだけ広いと連休でも釣り場に困ることはないね。 のんびりマイペースで釣りができるね。

開口部付近が釣り人で満員御礼、しかもあまり釣れていないようだったので、千倉港側の一番奥あたりで竿を出してみた。

千倉港側。こちらもやはり沖への開口部が人気だね。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

港内はほとんどどこでも停められるので港すべてが駐車場、といっても過言ではないけど、左下写真右側にあるような広い駐車場まである。しかもトイレつきだ。いたれりつくせりだね。もちろん無料。

さらに夕方も6時近くになったところでこんどはアジが増えだす。最初はコマセに見向きもしないのだが、6時を回ったところで一斉に食い出すのだった。不思議だよねー。

港のシンボル・白タイル灯台。このあたりが港の開口部でもあり、一番人気のゾーンだね。

ドデカイ太平洋の、これまた南房一の巨大港。そのはかりしれないキャパを感じて、幸せな気分になれることうけあいだよ。なにせほかの港じゃネンブツダイがプカプカ浮いているような足元カドなどに、ふつうにアジが群れでいるのだから驚きだ。

狙い目は夕方4時〜。とくにアジは日没前後まで粘ってみるといいぜ。今まで見向きもしなかったような目の前のアジが、この時間になったところで食い出すんだから自然というのは不思議だなあ。

ひとこと! 千倉港・平館港 
そのほか、港の隣にも海水浴客用にトイレがいくつか。こちらはサーファー御用達、という感じだったな。

平館港内にある駐車場脇トイレ。波の絵に
合わせた形にトリミングされた壁がイキだね。

釣りも釣ったり40匹!

途中で疲れて釣りをやめたけど何匹でも釣れる感じだったね。
刺身、天ぷらで1週間食い続けたよ。

夕方からはアジがチャージ! 脂の乗った黄金アジだ。夏場の夕方6時前後からが勝負だね。

アミコマセを撒いても反応がなかったので帰ろうかと思ったが、夕方4時頃になり、水面がなにやらバシャバシャと騒々しいので「もしや?」
と思い、コマセを撒いて機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」を潜水させたところ、おお! これは!!

トイレチェック!
★★★☆☆
駐車場チェック!

港内はほぼどこでも車を横付けできるのでファミリーフィッシングにはもってこいだね。ここは平館港側。

外房は物量戦!? アジとイワシがみなもを埋め尽くす!