伊戸港
忘れられたパラダイス!

際限なく釣れてくるトウゴロウイワシは今夜の晩酌用に数匹いただいた。そのまま焼いてしょうゆマヨで食うと、タタミイワシ的テイストでなかなかいけるのだった。

時間が経過するにつれ無数の魚が集まりだした。シンクロナイズドスイミングのように同じ動きで「キュッ!」とこちらを振り向くメジナ。

トイレチェック!
★★★☆☆

穴場的釣り場ってどんなところ? ときかれれば、こんなところ、と答えたくなるくらい穴場な伊戸港。隣に「海の駅だいぼ」ができる前は港の周囲には商店もないばかりか、一面原野が広がるばかりといった秘境だったため、ここは本当に釣りをする人間がいない。

誰もいないので、思わず堤防の上で太極拳のマネなど、いちびったことをやってみたりするのだった。

魚がスレてないね。大型の魚も多いけど、割と簡単に針にかかってくるからおもしろいよ。

さらに、まるでブダイのようにデカイオハグロベラだ。

伊戸港のすぐとなりに「海の駅だいぼ」というナイスな施設が最近できて、ここにトイレや漁師直営の海鮮レストランまであるね。秘境だった伊戸港もこれでファミリーフィッシングのメッカになるかな?

駐車場チェック!
釣り魚チェック!

星の数ほどの子メジナを避けつつ、右堤防裏の深場へ仕掛けを投げると、いきなり30センチクラスのメタボなメジナがかかってきたぜ! クー! 重い!

房総半島の最南端。道の脇にはヤシが生い茂る南国館山にやってきましたぜ旦那。

左堤防先端部に機動水中カメラ「カマス3号くん」潜水開始! いきなり巨大なボラが「カマス3号くん」をその大きな尾鰭で翻弄してくるぜ!

ごらんのようなオシャレなWCですな。和式なのが残念だが新築ホヤホヤで新しくていいね。

連休にもかかわらずこの無人状態。ここは釣り雑誌などにもあまり紹介されることもなく、ひっそり静かに佇む秘境という感じだね。

さらにコマセエサを撒くと、無数のトウゴロウイワシやウミタナゴ、メジナが集まってきた。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

ひとこと! 伊戸港 
水中チェック!

左堤防からはまた、右堤防裏のこの部分が狙えるね。ここがこの港一番の狙い目だね。かなりの深さがありそうだ。

港内の水深は浅いものの、沖まで伸びる左側の堤防の先端は6メートルくらいはあって、なかなかのものだね。

広い無料駐車場もあり。