堀船溜
アクアライン至近。
      なのにのどかで癒しの港

トヨカズ:内房のこのあたりじゃ漁港のことを「船溜(ふなだまり)というんだね。なかなか江戸でイキな呼び名だよね、船溜。

クミ:溜まる、というのはあまり聞きたくない言葉だわ。ああ、やってもやっても、新しい仕事が突然降って涌いて、溜まっているのよ(怒)
トヨカズ:・・・。

トヨカズ:まあ、このあたりは水深が浅くて、潮が引くとかなり苦戦しそうなところではあるね。
クミ:大苦戦してます。

トヨカズ:でも、浅いだけにメジナは泳いでるのを見ながら釣りできるのでまるで釣堀感覚。ファミリーは楽しめるんじゃないかな。そうそう、ごらんのようにアクアラインの混み具合を見ながら釣りできるので、車が混んでいる間はここで時間をつぶす、というのも一考ではあるね。
クミ:つぶれそうです。

トヨカズ:港内にいわゆる簡易トイレらしきものを見かけたけども、漁師さん専用なんだろうね、南京錠がかかっているね。
クミ:かかっていなくても無理無理。ああ、無理なのよ、企画を始めるのがそもそも遅いのを無茶振りしてくるのよ。無理無理。

トイレチェック!
トイレなし
駐車場チェック!

トヨカズ:ここは小型の漁船がまるで分譲地のようにきっちり係留されているね。さらに水門の奥にも船溜まりが。

クミ:溜まっているのよ仕事が。まるでわんこそばのようにひとつ終われば新しい仕事が盛られて・・・。
トヨカズ:・・・。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

トヨカズ:この広さだよ!港内はほとんどどこでも停められる無料スペースがうれしいね。アクアライン至近でこの優雅さ。
クミ:向うに見えるアクアライン川崎方面行きがギュウギュウに混んでいるわね・・・。

トヨカズ:こんな浅い砂地じゃハゼくらいしかいないかなと思ったら逆にハゼはおらず、意外にもメジナの群れだね。

トヨカズ。:こっちが沖に延びる堤防側。全体に水深は浅くて、海底が見えるほどだね。
クミ:そうよ。こんな無茶振りじゃひとつひとつの仕事が浅くなってしまうわよ。

トヨカズ:まるでトリックアートのように巨大なメジナが堤防をよじ登りそうに見える絵だけども、まあ木っ端メジナだね。

水中チェック!

トヨカズ:沖へ延びる堤防の付け根あたりで機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」を潜水させてみたよ。ありゃりゃりゃ、砂地の海底には漁網やらいろいろな漁具が沈んでいるね。ウキ下に気を付けないとすぐ根かかり(釣り針がひっかかってとれなくなる)しちゃうね。
クミ:しかかり仕事が7つくらいあって・・・( ゚Д゚)ひとつひとつがぜんぜん違うタイプの仕事だからもう、神経が溶けて流れそうだわ!

トヨカズ:水門付近から。ここ堀船溜はとっても広いし、基本的にどこでも車横付けで釣りができるのがいいね。
クミ:メールもなんでもかんでもCCで送りつけてくるのもやめてほしいわ。読み切れないぃぃぃ〜。

トヨカズ:一番沖に突き出る堤防から水門のほうを見るとこんな感じ。なんとものどかな感じだね

釣り魚チェック!
ひとこと! 堀船溜