銚子港

トイレもしっかり、ごらんのようなオシャレなWCですな。比較的できて新しいのがいいね。

ここは本当にきれいだよね。公園横の無料駐車場もごらんのモザイクタイルでござい。でも、下のようにだだっぴろいので車横付けOKなんだけどね。

いや、これは利根川名物の「ヤマベ(ウグイの仲間)」じゃないかな? と半信半疑で釣り糸を垂れてみたところ・・・いやいやいやいや! 正真正銘のアジですがな。豆アジだけど。 なるほどアジってこんな川にまで入ってくるのね。

トイレチェック!
★★★☆☆
駐車場チェック!
釣り魚チェック!

水中はやはり「川」だけあって流れがあるね。利根川の黄色い水は濁っていて、まるで東京湾のようだな。がしかし、ちょっと画面右、わかりにくいがたしかにアジの群れがいる。え? こんな汽水域なのに? 

水中チェック!
ひとこと! 銚子港 

銚子には対岸の波崎港をはじめ、メジャーな銚子外港、外川港に飯岡港など、けっこうたくさん港があるんだけど、そんな中でこの銚子港は利根川の中にあるせいか、あまり釣り人は多くないし、いてもルアーのスズキ狙い、といった趣のようだね。

しかしさにあらず。夕方の5時から6時くらいに狙いを絞ってくれば、意外にアジが釣れてしまうから人生わからないものよ。

休日でもほとんど人がいないこんなビックな港で、のんびり釣りをするのも心の洗濯になっていいんじゃないかな。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

川なのに、アジがいる! 不思議の海の銚子港。

利根川河口に沿うようにある銚子港。汽水域釣り場としてはおそらく日本一の広さだね。利根川河口、ナイル川みたいっす。さて、はたして水中はどうなっていることやら!? 機動水中カメラ「タカアシガニ4号くん」の出撃開始だ!

空中から見た銚子港。まんま利根川の一部だね。

港の入口はおしゃれな公園になっているね。