富戸上磯・畑尻

いたたたた! 首に小枝がささるささる! 首が腫れる腫れる!

さすが超一級磯だけあって水深は十分。そしてこの水中のきれいなこと! 真っ昼間からウツボが泳ぎ回り、大きなニザダイが行ったり来たり。

釣り場案内人サトシ トップへ戻る

ルートチェック!

階段下は波が高いと危ないので、シケの時は降りないほうがいいかもしれないわ。

ひとこと! 畑尻 
ジス・イズ・アリアス式海岸は
          本当の秘境だった・・・

かねてより狙っていた富戸の磯にアタックしてきましたわよ。

富戸のリアス式海岸といえば磯釣りの総本山のようなところ。しかしてアタシのこの顔! その理由はまあ、読んでくださいましよ。

いやー本気で疲れたわ! アタシもいろいろと過酷な磯場にチャレンジしてきたけど、ここはブッチギリで入釣困難度ナンバーワンですわよ。

それだけに釣り人は休日でもほとんどおらず。で、そうするとまたさらに磯へ向かう道がジャングルに飲まれていくという・・・。

そしてなんとボウズでした。一週間は立ち直れそうにないわね。

魚のスレ具合ゼロだけは保証するわ。

磯場周辺にはトイレはないので、万一のときは富戸駅のトイレが頼みの綱ね。改札の外側にあるので一応誰でも利用可能。いやいやいやいやここはいいわよ! 2畳はある広いトイレは様式。身障者の方も利用できるバリアフリー。ということで満点賞!

★★★★★

県道109号線を南下、富戸JAの手前の小道を入ったドンツキにごらんのような空き地あり。民家が多いのでジェントルマンな振る舞いを宜しくね。
画面左のフェンス側から磯に出られるのよ。

水曜スペシャルの探検隊並の行軍の果てに、ようやく機動水中カメラ「カマス3号くん」を潜水!

駐車スペース(下記参照)から磯へ降りる道は、最初のうちはわりとしっかりしているものの、斜面が急になるにしたがって急速に道が消失! やがて完全に道はなくなりジャングルと化すのよ。
急勾配な部分にはごらんのようにロープが張ってあるのだけど、このロープすら、ジャングルに飲み込まれる寸前といった塩梅よ。

ここはアマゾン!?

前に道なし! 後にも引けず! ようやく磯が見えたときには全身キズだらけ!

水中チェック!

完全に目がイッてしまっているキタマクラ、「ようみんな、ハッピーかい?」と言っているようだわね。そしてネンブツダイが雲霞の如く候ふ。

トイレチェック!
駐車場チェック!

磯というよりは軍艦のようなシルエットね。切り立っていて釣りづらそうに見えるけど、先端左側に右写真のような階段状の石段があって、低いところへ降りられるから、ウキ釣りも快適に楽しめるわよ。