津久井湖のバス釣りスポットガイド 釣り禁止場所 駐車場 トイレ 水中の様子まで解説!

都心から一番近いダム湖、もといリザーバーのバス釣りスポット・津久井湖。かつては「激ムズフィールド」などと言われていましたがここ最近は湖内のバスの数が増え、ちょっと湖面に目をやるとバスが泳いでいる様子をちらほらと見られるほどになってますよ。そしてなんといってもこのへたくちょ初心者のわたし、チエですら何回か釣ってしまえたということから、その魚影の濃さがうかがえます。最近のバス釣り界のニューウェーブ・穴場的存在になりつつあるのがここ、津久井湖です。

津久井湖のバス釣りスポットガイド チエ

中沢ワンド

中沢ワンド

津久井湖最下流部にあるワンド。大木から小枝まで、無数の流木が流れ着く場所でもあり、木と木の隙間を縫うようにバスが行き交います。

▼中沢ワンドの磯の詳細へ


三井大橋下 西側

三井大橋下(西側)

なだらかな浜辺状になった釣りやすい場所があり、比較的入釣ハードルが低いポイント。橋直下の岩礁帯足元には流れ込みがありバスの群れが通ります。

▼三井大橋下(西側)の詳細へ


三井大橋下 東側

三井大橋下(東側)

断崖絶壁のため簡単には橋脚下まで行けないものの、中村台地側にある岩礁帯一帯にバスが潜んでいます。

▼三井大橋下(東側)の詳細へ


三井大橋横 ヒナダン

三井大橋横 ヒナダン

港内三井大橋西側に降りて右に進むと突然、何のために作られたのか立派な二段の石垣がそびえています。この足元がドン深で、大型バスがいます。

▼三井大橋横 ヒナダンの詳細へ


大沢ワンド

大沢ワンド

津久井観光ボートさんの対面にあるワンドということで、皆さんまずここから攻めます。ワンドに入ってすぐ左手の倒木もといレイダウンが狙い目です。

▼大沢ワンドの詳細へ


中村ボート横

中村ボート横

中村ボートさんの右手に進むと、ほどよい岩礁帯に流木が流れ着く浅場、もといシャロー帯があります。ハゼ類が多いので捕食に来ているようですね。

▼中村ボート横の詳細へ


中村台地

中村台地

中村ボートさんに出て左に進むと、切り立った岩肌が続く深場があります。木や草があまり無い場所なので、居着き場というよりは通り道のようですね。

▼中村台地の詳細へ


日赤下

日赤下

真上に日赤病院が見える一帯が、日赤下と呼ばれるポイント。流れ込みもといインレット周辺が人気ですが、周辺にも倒木溜まりが多く、バスがいます。

▼日赤下の詳細へ


4番岬

4番岬

ぐぐーんと沖に突き出た大きな岬。上流側は断崖、下流側は緩やかなサーフ状で減水時には干上がります。断崖側の少し沖目にバスがうろうろしてます。

▼4番岬の詳細へ


名手ワンド

名手ワンド

津久井湖で「ワンド」と名がつくやつの中では一番規模が大きなポイントです。人気はワンド奥の倒木もとい、レイダウンですが名手橋近くが穴場です。

▼名手ワンドの詳細へ


又野送気所前

又野送気所前

名手橋の、ちょっとした丘陵のようになっているポイントがあるのですがここは「秘密の通路」があって、県道515号線から入れます。ここもバス多し。

▼又野送気所前の詳細へ


馬渡ワンド

馬渡ワンド

最奥にある流れ込み、もといインレットを起点に細長く切れ込んだワンド。湖底は湾出口から急激に深くなります。奥にも入口付近にも魚影があります。

▼馬渡ワンドの磯の詳細へ


鐘ヶ淵

鐘ヶ淵

断崖絶壁の真下で、しかも土砂崩れのような崩落跡があるところです。釣りしてても周囲でポロポロ落石が来て怖いですが中型中心にバス多し。

▼鐘ヶ淵の詳細へ


道志川 鉄塔下

道志川 鉄塔下

津久井湖の最上流ポイントで、どちらかというと道志川の一部。木が次々に倒れ込んでいる所で、ここには稚魚からビッグバスまで居着いています。

▼道志川 鉄塔下の詳細へ


神社跡

神社跡

神社跡(お寺跡説もあり)の石垣が湖底に散乱し、独特の「湖底遺跡」の様相を呈しています。この石垣周辺に大量のハゼがいて、バスが狙っています。

▼神社跡の詳細へ


TOP つり場一らんページへ

カテゴリー: サトシ!特集 パーマリンク