JACKALL ソウルシャッド 62DDR(シャッド) ルアー研究人チエ!

BASS rogoCHINU rogoSEABASS rogo

ダート&ポーズ+高速巻きもできる芸達者シャッド。シーバス&クロダイも釣れる!

チエで~す!! 例によって上のかっこいいタイトルはわたしが書いたんじゃないのですが一生懸命音読してみたところ、舌をかんでしまいました(*_*) 

JACKALL SoulShad 62DDR 解説

※サイズパターン・カラーバリエーションは2021年2月時点の情報です。

基本スペックチェック!

シャッドプラグというのはええと( ^ω^)・・・「水中でシャッと止まったりできる」ということですね。ちょっとたとえが微妙に違う、とうしろの人が合図をしていますが、いわゆる魚が止まったり動いたりする動きができるということはですね。真冬の、魚がじっとしてあまり動けないような時期のルアーとしてはグッド、ということでしょうか(^。^) ああ、そんな寒い時期の心境はようくわかります。さかなのきもちを理解して釣りをするのは大事ですね。

JACKALL SoulShad 62DDR チエ

で、ソウルシャッドはこのシャッドの基本性能に加えて「超高速ストレートリトリーブ」、つまりクランクベイト的な直線ダッシュも得意ということなんですね(棒読み)。ウォブリング(魚が尾を振って泳ぐような動き)の基本動作がしっかりしていて、超高速になっても動きにブレがなく、高速移動しても暴れたりひっくり返っちゃったり、ということがないのであります(超棒読み)

浮力チェック!

ということで動画でポン! JACKALL ソウルシャッド 62DDR の浮力を見ちゃおうかな!(棒読みから解放された喜び)

シャッドプラグであるソウルシャッドの浮力タイプは「SUSPEND」。つまり浮きもせず、沈みもせず、中層でステイしてバスがくるのを待つスタイルですね。「いや、浮いているじゃん」とツッコむなかれです。微妙な水温変化によります。またラインを繋いだ状態でステイするようになってまっす。

スイムチェック!

この独特の「おしりフリフリ」の動き。いかにも魚っぽいですけれど、わたしはどうも親近感を感じるな、と思ったら日中のわたしの動きにそっくしなのでした。うねうねと体を動かしながら前進するのです。ああしかし、うしろの人が「巻き」のポーズをしています。このウォブリングはでもクランクベイトほど激しい水押しはないので、秋口や冬のバス向きですねとカンペが出ました。

JACKALL SoulShad 62DDR チエ02

ところで、このシャッドというのは水中でポーズ(静止)できること、またとくにこの62DDRのようにかなり深い深度まで潜行して、ダードアクションや高速リトリーブができることから、シーバスやクロダイなどのソルト系にも強いんだそうです。ソルト用フックに履き替えて、いっちょ護岸でやってもようかなと。ウニウニアオイソメがニガテだもんで(笑)

ひとこと! JACKALL SoulShad 62DDR

水中で静止しては動き、また止まって、という誘い(ダート&ポーズ)はシャッドの得意分野でして、なのでとくに魚の活性が下がる冬場の釣りには大活躍なのです。また、この動きはシーバスやクロダイにも効果があり、護岸の底のほうで群れで固まっているクロダイに試してみるとおもしろそうです。春先のスポーニングシーズンはもちろん、微妙にじっとしている動きが有効なカバー攻めなどにもぜひ試してみてほしいワザですね、とうしろの人が申しております!




ルア研チエTOPへ

サトシ!TOPへ

カテゴリー: ルアー研究人チエ! パーマリンク