THタックル ゾーイ ルアー研究人チエ!

BASS rogo

「ただ君が、そこにいてくれるだけでいい」。アクション不要のリアルサカナシェイプ

THタックル ゾーイ

チエで~す!! 唐突な話で恐縮ですが、わたしチエは「待ちの恋」です。あ!吹いている場合じゃありませんよ! まあ奥手というえば聞こえはいいんですが、面倒くさがりなんですよ。一生懸命アプローチのアクションしても結局フラれてしまうので(断定!)、この徒労感がしんどくなってきたお年頃です。

このゾーイも自分から積極的なアクションはしないタイプですね。なにやら親近感を感じますが私とゾーイの違いは、ゾーイは別に他人(魚)にアプローチしなくてもモテるということです。見てくださいこの姿。リアルです。おいしそうです。今にもグリルに入れて網焼きにしたくなるほどのサカナ感満点です。

基本スペックチェック!

ルアーのカテゴリーにムリヤリあてはめるとすると、ビッグベイトになると後ろの人が申しておりますが、ビッグというよりはブルーギルのこども風です。でもたしかにギルには激似です! アクションよりはその姿で集魚するタイプなので、あまり魚にあるまじき動きをするとよろしくないようです。具体的にはノーズを上下させないこと。これ大事! 頭が上下すると途端に「昭和のブリキの金魚のおもちゃ」のような、不自然な動きに見えるようです。もう動きとしてはただ前に引っ張る。多少左右に泳がせるのはよさそうですが基本はゆっくりI字引き(前方一本)です。

ゾーイ チエ

水中チェック!

実際にリザーバー(津久井湖)でどう見えるか、見てみましょう。お!なかなかいい感じですよ! 本物のブルーギルっぽいです!

ゾーイ 水中写真 津久井湖

ということで撮影をしていると仲間だと思ったのか、本物のブルーギルがやってきたので一緒に撮影しました。ほほう! 目とえらぶたの黒い模様がそっくりです! 全体の色合いが本物はもう少し赤っぽいか。ちなみにゾーイはカラーバリエーションが豊富なので、お財布が許せば何色か試してみてもいいかもしれません。

津久井湖 ブルーギル 水中映像

ちなみに水深を下げたり、日が曇ると見え方はグレイな感じに。

THタックル ゾーイ 水中画像

スイムチェック!

やはりノーズを上下に振ってしまうとオモチャっぽく見える・・・あとじっとしているときにルアーをフラフラさせないようにしたほうがよさそうですね。

ひとこと! THタックル ゾーイ

とにかくリアルです。水中では本物のブルーギルに見えますよこれは。形だけでなく、色もリアルで、魚のぬめりまで表現されているのはすごいなと。

バス釣りというとジャークやトウィッチ、早巻きなどのアクションでバスの補食スイッチを入れるのが主流とはいえ、どうもそれだとバスの反応がないなというとき、ちょっと目先を変えて、「疑似餌」の原点に立ち返ったようなこのリアルなルアーをバスに見せてみる、というのも選択肢としてはおもしろいかもしれません。とくにあまり流れ、もとい!カレントのない、ほどよい濁りのあるダム湖もといもとい! リザーバーはゾーイの得意分野でっす。

ゾーイ チエ




ルア研チエTOPへ

サトシ!TOPへ

カテゴリー: ルアー研究人チエ! パーマリンク